2016年02月29日

小6プライムの授業風景

中学受験をする生徒たちの、入試前の計算力はすごいものです。
スピードといい、正確性といい、教えている先生たちが、たいしたものだと感心するほどです。
中学受験のないプライムクラスですが、計算は練習すれば、その程度のことはできるようになります。
そこで、今年は圧倒的な計算力をつけさせたいと考えました。

テキストのほかに、計算の教材を配りますが、1ページ10題から15題の問題がのっていて、48回分です。それが2冊あるので、一週間に2ページだと、ほぼ1年という計算になります。
その、倍の量の1週間に4ページの宿題をだしてみました。

「みんなにすごい計算力をつけてもらいたいからね」
すると、がんばること、がんばること。
半数の生徒が10ページ以上やってきました。

「あんまり、最初に飛ばすと、大変だよ」
といっても、
「大丈夫」といって今週もがんばっているようです。

4ページの宿題をやってくれれば、十分なのですが、誰かが燃えて勉強すると、周囲もがんばるもので、そんないい雰囲気になっています。いつまで、もつやら、楽しみです。






posted by 登戸教室 中野 at 15:13 | TrackBack(0) | 今日の登戸教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。