2014年09月19日

日本大学鶴ヶ丘高等学校に行ってきました

今日は、日大鶴ヶ丘の塾対象説明会に参加してきました。

800px-Nihon_UNIV_Tsurugaoka_highschool.jpg
京王線「明大前」駅より徒歩10分。
甲州街道を横切って、住宅街の中を抜けると、日大鶴ヶ丘高校が見えてきます。

以前に書いたレポートもありますので、参考にしてください。
http://hinoki-noborito.seesaa.net/article/229373858.html

現高2より、日大への推薦制度が大幅に変更されます。
従来の「日統一」と呼ばれた統一テストは廃止され、代わりに3年間で複数回実施される「基礎学力到達度テスト」の成績を用いて行われる方式となります。
2年の4月、3年の4月・9月に行われるテストが推薦の際に見られるそうです。
また、「国公立との併願」が一部の学部で可能になるようです。
この変更は、上位の生徒にとっては魅力的ですね。

日大鶴ヶ丘の生徒は非常に優秀らしく、「基礎学力到達度テスト」では日大付属高の中でトップクラスの成績を修めているそうです。
この成績で希望の学部に推薦してもらえるかが決まりますから、非常に大きな意味を持ちます。
また、日大藤沢と並んで生物資源科学部の併設校ですから、生物資源科学部への進学者数も多いようです。
この点も、日大鶴ヶ丘を検討する上でポイントの一つになりそうですね。

2015年度入試については、変更はありません。

 @推薦入試 1/22(木)実施
  推薦T(普通コース):5科21かつ9科35 面接のみ
  推薦T(特進コース):3科14かつ5科23 面接のみ
  推薦U(普通コース):5科20かつ9科34 面接+適性検査(60分)
   ※9教科に2がないこと・3年間で欠席日数が15日以内で、遅刻・早退もそれぞれ15回以内
   ※英検・漢検準2級、生徒会長、3ヶ年皆勤などで上記基準のいずれか1つを「-1」
 A一般受験第1回 2/10(火)実施
  普通コース:併願優遇は5科23以上かつ9科に2がないこと
  特進コース:受験資格として5科21以上、併願優遇は5科24以上、どちらも9科に2がないこと
   ※基準の減点措置は一切無し
   ※併願優遇は加点措置を実施、入試相談などの手続きは必要なし
   ※公立のみの縛りはなし、私立との併願も可能

その他、詳細は学校HPをご覧ください。
http://www.tsurugaoka.hs.nihon-u.ac.jp/


posted by 登戸教室 曽良 at 15:03 | TrackBack(0) | 学校情報・進路情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。