2014年05月16日

青稜中学高等学校の説明会に参加しました

今日は、東京都市大等々力に続いて、青稜の塾対象説明会に参加しました。
青稜は、中学受験だけではなく、高校受験でも多摩・生田などの併願校として有力な学校です。

20140516220408_00001.jpg
東急大井町線「下神明」駅より徒歩2分程度。
上の画像は、現在進められている校舎改築の完成予想図です。
今年の9月に落成するので、来年度入学生から完全に新校舎での授業になります。
今回の説明会では、卒業生の進路状況、2014年度入試の結果が話のメインテーマでした。

まず進路状況ですが、今春の卒業生は高入生の入学の時がちょうど建て替えがはじまった時にあたり、受験生から敬遠されてしまったため、卒業生数自体がかなり少ない世代のようです。
そのため、進路状況の実数で見ると昨年に比べ落ちているのですが、在籍者数に占める割合で見ると、国公立・GMARCH以上の私立大への進学者の割合は、昨年よりも上がっているそうです。
また、高入生よりも中高一貫生の現役進学率の方が高い、という話もありましたが、数%の違いであり、正直大きな差は感じられませんでした。
ともあれ、進路状況については着実にGMARCH以上の難関大への実績が向上しており、青稜もいよいよ次の段階に入ってきた印象を受けました。

次に2014年度中学入試・高校入試の状況です。
これは、例年と比べ大きな変化はなかったようです。
高校入試では都立・神奈川県立との併願状況も記載されていましたが、都立であれば日比谷・戸山・小山台、神奈川県立では横浜翠嵐・川和・横浜サイエンスフロンティア・多摩などのトップ校・準トップ校との併願者が際だって多い印象を受けました。
都市大等々力とならび、この地区では「公立トップ校の併願校」としての位置づけですね。

9月には新校舎お披露目も兼ねて説明会が実施されるそうなので、そちらにも参加したいと思います。
その他、詳細については学校HPをご覧ください。
http://www.seiryo-js.ed.jp/


posted by 登戸教室 曽良 at 22:33 | TrackBack(0) | 学校情報・進路情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。