2013年07月04日

実践女子学園に行ってきました

今日は、実践女子学園中学高等学校の塾対象説明会に参加しました。

800px-Jissen_JoshiGakuen_highschool.jpg
JR線・東急線「渋谷駅」より徒歩10分程度。
近くには青山学院、國學院大學、東京女学館などがある文教地区です。

実践女子学園は「3プラス1」という教育方針を掲げています。
「キャリア教育」「感性表現教育」「国際交流教育」の3つに、さらに「学力改革」を加え、「25年後の私」を実現させる真の人間力を育てることを目標にしているようです。

また、実践女子学園には「スタンダード実践クラス(SJC)」と、帰国生や英語が得意な生徒に向けた「グローバルスタディーズクラス(GSC)」の2つのコースがあります。
GSCは今春入学の中学1年生が6期生となり、いよいよ中1〜高3まで全学年が揃いました。
一般的な受験生にはあまり関係のない話ですが、来春の結果が少し楽しみです。

今春の入試で、実践女子学園は実受験者数で5位に入りました。
また午後入試を新設した大妻多摩、東京女学館はともかく、山脇学園と実践女子学園は入試日程の変更なしで前年比150%以上の伸びを記録しています。
私立大学への進学実績も向上してきていますし、注目の学校の一つです。

現在、隣の敷地で大学の新校舎の工事が進んでいます。
学校見学の際に案内してくださった先生は「大学生は中高の敷地には入ってこれないようになります」とおっしゃってましたので、生活空間は完全に分けられるようです。

説明会などの詳細は、学校HPをご覧ください。
http://hs.jissen.ac.jp/


posted by 登戸教室 曽良 at 14:30 | TrackBack(0) | 学校情報・進路情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。