2013年06月29日

【A-Prime】「討論会」を開いてみました

6/15(土)実施の第2回公中検の結果が、先日戻ってきました。
今回はA〜Eの5段階のうち、B判定の子がほとんどでした。
例年に比べ、全体的に判定が良い気がします。
今年のメンバーは、今後に期待が持てそうです。

さて、今日の公立中高一貫対策『A-Prime』では、討論会をやってみました。
その際、私から生徒たちに伝えたルールが1つあります。
『人の発言を遮るような発言はせず、挙手をして指名されてから発言をすること。』
今年の生徒たちはとても積極性があるのですが、その分今までのグループ活動の練習で、どうしても他の発言を遮って「自分が!!!」という面が出がちでした。
ですから、まずは「相手の意見を最後まで聞いて、その上で自分の意見を言う」練習をさせよう、というのが今回の討論会で狙ったことでした。

テーマは「アイスはカップで食べるかコーンで食べるか、どちらが良いか」。
・・・私ではなく、生徒から出てきたテーマです、これ。
最初は全員コーン派だったのですが、2グループに分け、人数が多くなったグループをカップ派として、20分の準備時間の後に討論会を行いました。
「相手の発言を遮らない」というのがなかなか難しかったらしく、ぎくしゃくとした雰囲気の中で討論会は進んでいきましたが、カップ派は少しずつリズムをつかんできたらしく、徐々にコーン派を説得していきます。
最終的には、私の判定ですがカップ派の主張に説得力あり、となりました。
カップ派の生徒たちも、最初は「コーンがいい!」と言っていたのですが、討論会をやっているうちに「カップのほうがいい気がしてきた〜」と言っていたのが興味深かったですね(笑)。

今後は、進行役を務めさせたり、1対1での討論をしたり、他の生徒の討論を見て、どちらが良かったのかを考えさせたりなど、いろいろやってみようと思います。


posted by 登戸教室 曽良 at 23:04 | TrackBack(0) | 今日の公立中高一貫 『A-Prime』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。