2013年05月22日

立教女学院に行ってきました

今日は、立教女学院の塾対象説明会に参加しました。

260px-Rikkyojyogakuin.jpg
京王井の頭線「三鷹台」駅より徒歩1分。
駅から伸びる歩道橋を降りて、すぐに校門が見えてきます。

キャンパスの中は、とても緑が多いです。
今日は天気が良かったので、大妻多摩のときと同じく、緑の若葉がきらきら輝いていました。

立教女学院というと、立教大学との関係から「文系」のイメージが強いかもしれません。
ですが、学校側はここ数年の間「理系」教育にとても力を入れてきています。
従来は外部受験の理系が1クラス、文系が1クラス、立教内部進学が3クラスらしいのですが、今年の高2は理系が2クラスになったと進路担当の先生がおっしゃっていました。
今年の進学先でも、東工大や早稲田の理工系、医学部や薬学部などに現役で合格した生徒がいました。
もちろん、大多数の生徒は立教大学に内部推薦で進学します。
内部推薦枠は今年の高3で121名とのことで、卒業生の人数に対して約70%程度です。

校長先生からは、立教女学院の「ARE教育」についてお話しがありました。
校長先生ご自身で書かれたプリントがありますので掲載しておきます。
ぜひご覧ください。

立教女学院の教育の豊かさ.pdf

一般入試では、来年度1点だけ変更を行うそうです。
 ●国語・算数の試験時間 40分→45分

説明会後、校舎見学に参加しました。
いつものことながら高校校舎には、この学校の歴史をしみじみと感じます。
「古い」ことが「良い」というのは、なかなか素晴らしいことですよね。
生徒達も、この校舎には愛着を感じているようです。
ちなみに、耐震設計は新しい建物と比べても、むしろ優れているとのこと。
関東大震災の教訓が活かされているんだそうです。

そう言えば、生徒会主催の学校説明会を実施予定だそうです。
生徒の自主性を尊重する立教女学院でも初めての試み、なかなか面白そうですね。
日時は7/13(土)14:00〜15:00とのこと。
興味がおありでしたら、ぜひぜひ参加してみて下さい。

その他、今年は説明会・行事共にWebからの予約制(5月末開始予定)になるそうです。
詳細も含め、学校HPはこちらです。
http://hs.rikkyojogakuin.ac.jp/


posted by 登戸教室 曽良 at 15:19 | TrackBack(0) | 学校情報・進路情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。