2013年05月01日

大妻多摩の説明会に行ってきました

今日は大妻多摩の塾対象説明会に参加してきました。

800px-Otsuma-Tama_highschool.jpg
小田急線「唐木田」駅から徒歩10分程度。
多摩丘陵の素晴らしい自然の中にあります。
今日は天気が良く、若葉が太陽の光に輝いていて、とてもきれいでした。

今年の注目は何と言っても、新設された午後入試の動向でしょう。
やはり、近隣の難関校である洗足・鴎友・日本女子・晃華との併願が非常に多いようです。
首都圏模試の結果偏差値でも61でしたので、かなりの上位層が受験したことがうかがえます。
とは言え、合格最低点は国算200点満点で101点ですので、入りづらいとまでは言い切れなさそうです。
国算の基礎力がしっかりとした生徒であれば、狙い目かもしれません。

また今年は、午後入試だけではなく全ての回で実受験者数が増加したそうです。
実質倍率も、全ての回で2倍以上をキープしていました。
少し落ち着いていた大妻多摩の人気が、ここにきて盛り返してきているのかもしれません。

学校の内容については、昨年までの記事を参考にしてください。
http://hinoki-noborito.seesaa.net/article/294009331.html
http://hinoki-noborito.seesaa.net/article/200465761.html

そう言えば、大妻多摩の算数の先生がこんなことを言っていました。
「算数で求めるのは、まずは『計算力』。
 そして『地道な作業能力』、つまり
  @地道に数え上げる『集中力』
  A試行錯誤して法則性を見つける力
 の2点です。テクニックに長けた生徒さんはいりません!」
この先生、切れ味鋭い口調でお話しされていたので非常に印象的でした。
それにしても、鴎友といい大妻多摩といい、どこでも欲しいと思う生徒像は似通っているんですねえ。

詳細は、学校HPをご覧ください。
説明会の日程なども掲載されています。
https://www.otsuma-tama.ed.jp/


posted by 登戸教室 曽良 at 15:01 | TrackBack(0) | 学校情報・進路情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。