2013年03月09日

【A-Prime】今日も「A-Prime」は元気です!

KC3Z00070001.jpg

家のそばの梅の花が満開です。
暖かくなってきて、春はもうすぐそこですね。

さて、今日の公立中高一貫対策「A-Prime」の授業。
子どもたちの服装は、大人の私から見たら『夏』そのもの。
スーツを着ている私の服装がとても暑苦しく感じてしまうほどです。
まさに先週の問題の答え通りでした。

今日の最初のテーマは「中国からの輸入」。
まずは問題に入る前に、服や文具などがどこで作られたのかを調べてもらいました。
身近な物の多くが中国製ということに改めて驚きを感じていたようです。
データを見ると、今や中国は日本にとって、アメリカを抜いて第1位の輸入相手国なんですね。
問題は、なぜそうなったかを、中国の日本企業数の変化や、中国の賃金水準を見て考えていくものでした。
それぞれにポイントがきちんとまとまった解答が書けていたので、とても良かったです。

他に、今日は「ヒートアイランド現象」についても触れました。
ヒートアイランド現象はどういう現象か、それは何が原因で起こると考えられているかを説明しました。
その中で、水の「気化熱」とヒートアイランド現象との関連を、人間の汗や「打ち水」などを例に説明したのですが、「汗をかくと体が冷える」「水をまくと涼しくなる」ということは経験的に知っていても、なぜそれが起こるのかは、あまり知らなかったようです。
もちろん、小学生に「気化熱」という言葉を使って説明をしても「???」ですので、「水は水蒸気になるために、まわりの熱をエネルギーとして使って、無くしてしまうんだよ」とかなり噛み砕いて説明をしたのですが、「だから汗をかくと体が冷えるんだ〜!」という感じで、きちんと納得してくれていたようでした。

さて、来週は「フードマイレージ」について扱う予定です。
私も公立中高一貫対策に関わるようになって詳しく知った知識です。
できる限りわかりやすく子どもたちに伝えられるよう頑張りたいと思います。

・・・そう言えば、「ヒートアイランド」とホワイトボードに書いたときのことです。

 ある生徒「ヒートアイランド・・・熱の・・・『楽園』!」
 私「・・・・・・。」

「熱の『楽園』」・・・熱そうで嫌だけれど、興味はあるので行ってみたい、複雑な心境です(笑)。


posted by 登戸教室 曽良 at 17:51 | TrackBack(0) | 今日の公立中高一貫 『A-Prime』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。