2013年03月02日

【A-Prime】公立中高一貫対策「A-Prime」も頑張っています!

毎週土曜日は、公立中高一貫対策「A-Prime」の授業の日です。

ところで、県立相模原中等は、今年の入試も大変な難関でした。
定員が160名のところに1,444名が受検し、実質倍率は9.0倍。
計算してみると、9人のうち1人だけが受かるという狭き門です。
今年は登戸教室から講座受講生を含め4名が受検し、1名が合格、1名が補欠でした。
2月3日(日)の朝、応援に行きましたが、あふれんばかりの受検生の数に圧倒されました。
この厳しい入試を、4人は本当によく頑張ったと思います。

さて、今年の「A-Prime」の授業は2月16日(土)から始まっています。
今日は「複数資料をもとに考える」というテーマでの授業でした。
その中で、シドニーの気候についての資料がいくつか示され「夏休みにシドニーで過ごす服装について、あなたの考えをのべなさい。」という問題がありました。
まず、シドニーは8月には最高気温16℃程度と、大体日本の春に近い気温になり、また1日の気温差が約10℃と大きい(ということが資料から読み取れるようになっている)ので、それに言及した上で、たとえば「春に着る服と、ジャケットやカーディガンを組み合わせた服装をする」というのが1つの解答として考えられます。
一人一人に当てて、それぞれの答えを聞いていったのですが、みんなそれぞれシドニーの気候についてきちんと言及した上で自分の意見を書けていたので、感心しながら聞いていました。
その中での、ある子が言った答えです。

生徒「・・・(シドニーの気候に触れて)、なので半袖であとはジャケットなどを組み合わせると良いと思います。」
私「えっ・・・半袖?」
生徒「だって、春はずっと半袖で過ごしているもん。」
他の生徒「あたしも半袖だよ〜!」
私「・・・・・・。」

その子はきちんとシドニーの気候に触れた上で書いているので、もちろん正解です。
いやあ、子どもは元気だなあ、とつくづく感心した一コマでした。


posted by 登戸教室 曽良 at 17:30 | TrackBack(0) | 今日の公立中高一貫 『A-Prime』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。