2012年05月30日

桐朋女子中、高の説明会にいってきました

説明会がはじまって、まず先生たちが落ち着いていて、静かという印象をうけました。
自分たちの学校、教育への自信を感じさせる雰囲気でした。

豊かな感性、そして想像力、それを支える知性を育て、創造性のある人間を育てるという話を校長先生がなさいました。
服装規定などは、清楚であり、桐朋女子の生徒である自覚を持つことを自覚させ、細かに校則にしていないという説明がありました。何度か、この問題は職員間で議題になったようですが、いつもここに落ち着くということでした。

中学入試はA入試2/1とB入試2/3午前にあります。
A入試は、算国の筆記試験と口頭試問があります。口頭試問は、ビデオをみせたり、授業をしたり、作業をした後で、質問に答えるという試験です。おもに理社の内容となります。
生徒が話を聞いて、どれだけ理解できるか、どのように考えて答えるかをみます。すぐに分かりませんと答えることなく、考えて、たとえ間違った答えをだしても、それに対して、こうですよと説明してくれるので、それを理解していく過程をみるということです。
算国と口頭試問の配点は同じ比重です。

B入試は筆記試験4科目です。面接が6分程度有りますが、これは成績には関係ないので、筆記試験での結果で合否がきまります。昨年は、合格者の最低点が151点で、入りやすくなりました。

筆記試験は途中の式などで部分点も出すので、途中式を分かりやすく書くことが大切ということでした。

高校の募集もしています。募集は一般で50人、推薦15人です。
受験者が少ないので、狙い目です。推薦の内申基準は37ですが、35程度でも、中学の活動で特記にあたいするものが有れば、可能です。
一般入試は2/10となります。

中学の説明会は、6/16・10/20・11/17・12/8
高校の説明会は 7/14・10/20・11/24

ナイト・ミニ説明会は ‘/27・9/14・12/21・1/12にあります。


posted by 登戸教室 中野 at 13:34 | TrackBack(0) | 今日の登戸教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。