2011年06月15日

桜美林中学校高等学校の説明会に参加しました

今日は、桜美林の塾対象説明会に参加しました。

JR「淵野辺」駅からスクールバスで7分程度。
バスは学園の中、広いバスターミナルで停車します。

そこからグラウンドに沿って歩いていくと、桜美林中高の校舎です。

obirin.jpg

桜美林は、個人的に非常に好きな学校の一つです。
人間教育と進学教育とがかなりバランスの取れた学校だと感じています。
また、生徒1人ひとりへの面倒見もかなりいい印象です。
自分も、こんな学校で6年間学べたらいいな、とよく思ったり・・・。

ただ、キリスト教がバックグラウンドにある学校ですので、
その「宗教色」に子どもが少し抵抗感を覚えてしまうこともあるようです。
このあたりは「好み」の問題なので、何とも難しいところです。

会場は中学校舎4階の「立志ホール」。
中学1年生の教室と同じ階にあり、子どもたちの授業風景を少し見ることができました。

今日の説明会で気になったことは、
 <概要>
 @毎日の礼拝:自分と向き合う時間。
  お話に対する感想や自分の考えをまとめる←担任からのフィードバック
  新しいチャペル→3年前から使用している。
 A2012年度より中学入学者と高校入学者は別クラス編成に。
 B中1では、ノート・予習・復習の仕方を徹底指導←担任ができるまで指導
 Cコンテスト・定期テスト・実力テストなど、毎月テストがある。
  →生徒が「学習する」環境をつくりだす。
 D定期テストでの成績不振者には、追試・補習を実施
  →朝・昼の休みを中心に実施(部活への配慮)
 E桜美林大学への進学率は例年10%程度。
 <中学入試>
 @午後入試の開始時間に「16:15開始」を追加。遅刻20分まで受験可能。
 A2/1を午前午後ともに受ける場合、午後で優遇措置あり。
 B3回以上受験の場合、3回目からは「いいとこ取り」の優遇措置あり。
 C追加合格は2/1午前受験者から優先的に。2/4から連絡。
 D帰国生入試は行わず、各回でボーダーラインを配慮する。
 <高校入試>
 @内申の推薦基準・併願基準は変更の予定なし。
 A推薦入試では、新たに「B推薦」を導入予定。
 B一般入試は、2/10以外にもう1回行う予定。
といったところでしょうか。

説明会が終わり、ホールから出ると、ちょうど休み時間。
廊下をてくてく歩いていくと、ひのきの卒業生にばったりと出会いました。
いきなりだったので、その子もちょっと驚いた感じでしたが(苦笑)、
楽しそうに過ごしていたのでちょっとホッとしました。

学校の詳細は、学校HPをご覧ください。
http://www.obirin.ed.jp/hiscl/index.html


posted by 登戸教室 曽良 at 23:39 | TrackBack(0) | 学校情報・進路情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。